Important Notes


レッスンを受ける際の注意点


1. お食事について

ヨガは空腹時に行うのが良いとされて
います。 満腹時にヨガを行ってしまうと、
内臓に負担をかけてしまいます。
食後にやるのであれば、出来るだけ食後
2時間~3時間以上あけるようにしましょう!
またお酒を飲んだ時も危険な為、
避けましょう。 


2.入浴について

ヨガを入浴直前や直後に行ってしまうと、
心臓に負担をかけてしまうので、
避けましょう。 入浴を考えるのであれば、
少なくてもヨガをしてから30分は
あけるようにしましょう。 


3.素足で行いましょう

ケガの防止の為、足裏での土台の安定性を
高める為、素足での参加をお願いして
おります。抵抗や問題がある場合は、
五本指ソックスやヨガ用ソックスを
お勧めします!


4.服装について

服装は体を締め付けすぎず、
動きやすいものを選びましょう。
身体が冷えやすい方は上着などを
ご用意ください。


5.体調について

体調管理は自己責任とし、
体調に関しまして気になる事や
お伝え事項等がございましたら、
事前にお申し出ください。
通院中の方は、主治医に相談し許可を
得た上でご参加ください。


6.ご予約について

レッスンは少人数制のクラスとなります。
マットの枚数にも限りがある為、
完全予約制となります。
(レッスン中など、返信が遅れてしまう
場合もあります。ご理解の程、
宜しくお願いいたします。)

空きがある場合、当日のご予約も可能ですが
レッスン途中からの参加はご遠慮ください。
初めてご参加される方は問診票の記入が
ございますので、レッスン開始15分前には
お越しくださいませ。


7.参加費用について

入会金などはございません。
1レッスン参加費用のみとなります。



ヨガの効果を高めるポイント


1.無理をしないこと

ヨガをする時に大切なのは、
ポーズの形にこだわり、人と比べたり
完成を求めるのではなく、まずは無理を
しないことです。 
身体には毎日違う変化があります。
自分が一番心地良いポイント、
呼吸が一番入りやすいところを
探しながら楽しみましょう!
無理をして続けられなくなってしまうより
無理のない範囲で、長く続ける方が
効果も感じられやすくなります。


2.呼吸をしっかり行うこと

ヨガをする際に最も大切なことは呼吸です。
呼吸を正しく行うことがヨガの効果にも
繋がります。
ヨガで行う呼吸法は、腹式呼吸が
基本になります。
腹式呼吸とは、口を閉じ、鼻から息を
吸い込んで、鼻からはき出す呼吸法です。
また腹式呼吸を行う時には、おへその奥に
ある丹田(たんでん)という所を意識し、
丹田に空気をためるようにお腹を膨らませて
いくのがポイントになります。
レッスン中は、呼吸を意識して
行いましょう。
吸気は無意識に、呼気は意識を集中させて
お腹を絞るようにゆっくりと吐き出すと、
より集中力を高めることが出来るので、
しっかり呼吸をするように心がけてみて
ください。